--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-06-13(Fri)

梅仕事。

不思議と年によって、作るぞー!ってときと、いっか…ってムラがある手作り系。
今年は、作るぞー!の気分みたいで、冬の味噌仕込みに続き、梅干し作りを。

梅は毎度買ってる和歌山の未来農園さんのこれ
箱を開けたら梅のいー香りー
foodpic4989915 (1)
まあ数個傷がひどいのは取り除いて、ホシをとって、洗って拭いて
焼酎まぶして、塩まぶして、ぐいぐい詰めて(ここまで作業でいっぱいいっぱいで写真取れない
最後に塩いっぱい。
IMG_20140613_161854.jpg
塩分は16%強にしてみた。
せっかく作るのに失敗は怖いからねー。

いい落し蓋が見つからなかったので。
ティファールのシールリッドを裏返して、その上にストウブ22cmに水を入れたの(5.6キロだった)のっけて。
ホコリが入らぬよう、ビニールかぶせて紐で縛って、しばらく寝かせておきます。

こんな感じでの梅仕込みは、毎度四畳半の住人さんのを大変参考にさせて頂いてます。

あとは梅酢が上がるのを待つのみ〜。
あー赤紫蘇も見つけ次第買わなきゃ…。

で、ここでも使ってる久松かめの切立蓋付5号。
もう6年くらい前?買ったやつなんだけど、
その久松が去年10月で廃業したことを知る。
もう、現在お店に流通している分しか買えないとか。
400kame_km.jpg
うーん、こんな有名なのでもやってけないんだなぁ。。
ざんねん、在庫なくなる前にもっとほしい…けど場所取るんだよね


ー追記ー
ついでなので4ヶ月前の味噌仕込みの備忘録
大豆を洗って、一晩水につけとくとー
DSC_0663.jpg

こうなる。
DSC_0664.jpg
ふっくら

で、相変わらず作業中の写真は撮れてなくってw
圧力鍋で茹でる、ミンサーで大豆つぶす、塩きり麹としっかり混ぜる、
味噌玉作る、容器におもいっきり投げ込む、表面ならして、フチに塩を多めにまく、
なるべく空気が入らぬようにラップ、押し蓋乗せて、重石on、新聞紙で覆って、
後は夏越えるまで寝ててもらってる。

DSC_0665 (1)

て感じでした。
麹は、せっかくなので地元の麹屋さんの生麹

とりあえず天地返しはしなーい予定
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

プロフィール

あず

Author:あず
温泉があるところ、か
食べたいものがあるところ、
しか基本的に行きません。

やっとちょっと、景色とかに感動できるようになってきた(笑)

あとあんまりお金をかけない方向で。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。